3ヶ国のリサイクル会社がタッグを組み、全世界へ展開

廃棄物処理事業者の鈴木商会は11月26日、タイ・香港のリサイクル会社と共同で

 

世界各国からモータースクラップを集めリサイクルし、

 

原料を世界販売する会社を11月5日に設立したと発表した。

 

中国の輸入規制を始め、近年廃棄物やリサイクルを取り巻く各国の環境が変化する中

 

世界的に多くのスクラップが滞留している状況が続いている。

 

この課題を解決するため、鈴木商会はタイで91年の歴史がある日高洋行

 

欧米と中国のモータースクラップリサイクルに強い

 

香港のCEGとJVを組み、モータースクラップ解体事業を開始した。

 

具体的には、北米やヨーロッパ、日本を中心に世界各国から

 

車や事務機器、工具などの産業用モータースクラップなどを集め

 

タイ保税区で解体・選別・リサイクルを行う。

 

リサイクル済の銅・非鉄金属などは精錬原料として需要ニーズが高い

 

中国やインド、タイ国内を含め消費ニーズが高い国へ輸出する予定。

 

(環境ビジネスオンライン 参照)

コメントは受け付けていません。