今後のエネルギー問題に関して

皆さんこんにちは!
タムラエンバイロの服部です。

 

現在ロシアとウクライナの問題が話題に上がっておりますが

実は日本にもこの影響があるのです。

 

野村証券は日本の国内総生産(GDP)を最大で0.3%(約1.5兆円)

押し下げるとの試算を発表しております。

 

ウクライナ情勢の緊迫化が日本を含めた世界経済全体に及ぼす

波及効果として影響が大きいとされるのは

原油などの資源価格の上昇や、食料品の価格上昇です。

 

ウクライナは、トウモロコシの輸出量が第4位、小麦も第6位と

世界有数の穀物輸出国です。

日本は飼料用トウモロコシの90%近くを海外からの輸入に頼っています。

 

エネルギーや資源等を多く輸入している日本ですので

価格上昇の影響を受けながら、円の価値が下がる(円安になる)

という意見が散見されます。

 

脱炭素化や省エネなどエネルギーに関連して

今後さらに注目されていくと思います。

 

弊社でも今後の社会の動きを見ながら

環境問題に関わる事業部として、できる策に取り組み

皆様にも安心いただける企業を目指して参ります。

コメントは受け付けていません。