最新情報
  1. HOME > 
  2. 会社案内 > 
  3. 最新情報

最新情報

東京タワーの日

2020.12.23更新
こんにちは!

新入社員の瀬戸口です。

 

本日12月23日は東京タワー完成の日だそうです。

フランス・パリのエッフェル塔の312mよりも21m高く、当時世界一の高さの建造物だったそうです。

総工費約30億円、1年半と延べ21万9335人の人員を要して完成したそうです。

合計約4000トンの鋼材が使用されたそうです。

 

あんなに大きなものを作るのは多くの人が協力しなくては絶対に完成させることはできないと思います。

 

一人一人が意識をすることでこのコロナ禍を少しでもいい方向に向かうことが必ずできると思います。

 

年末年始、人の動きが多くなると思いますが

皆さん体調に気をつけて良い年末年始を過ごしてください。

年末の大掃除をされる際の注意点!

2020.12.21更新
こんにちは!エンバイロ服部です(^O^)

 

今年ももうすぐ終わりますね!!

 

1年間ってほんとあっという間ですね(^_^;)

 

皆さん年末は事務所やご家庭で大掃除をされると思います。

 

今年はコロナのこともあり、自宅で過ごす方が多く

 

年末の大掃除も「大掛かり」かつ「念入り」になると言われています。

 

そんな大掃除ででる「ごみ」について注意して頂きたいことがあります!

 

1.ゴミ袋は2重にしてしっかりと!

2.分別ルールやごみ出しの時間は守る!

3.割れ物など危険な物が入っている場合は貼り紙をするなどして知らせる

 

細かな気遣いで収集員の方も安心して回収できます!

 

以上のことに注意しごみを出しましょう!見た目も心も綺麗にして年始を迎えましょう(*^^*)♪

「脱炭素社会」実現 水素利用量など実行計画取りまとめへ

2020.12.18更新
こんにちは!  タムラエンバイロの河野です (^^)/

今週は雪もちらついて、冷えた1週間でしたね ('_')

 

さて、今週のトピックスは「脱炭素社会」に向けてです。

 

脱炭素社会の実現に向けて、政府は、次世代のエネルギーとされる水素の利用量の目

標を2050年に今の10倍にあたる2000万トンに引き上げる方向の様です。

政府は、水素をはじめ自動車や洋上風力など各分野の目標を盛り込んだ計画を今月末

に取りまとめる予定で、今後、詰めの議論を進める方針だそうです。

 

政府は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを目指して

います。

 

その実現のためには発電段階で二酸化炭素を排出しない水素の活用が不可欠だとし

て、政府は、導入拡大に向けた新たな目標を検討しています。

 

現在、水素の利用量は燃料電池車などを中心に年間200万トン程度ですが、関係者によ

りますと火力発電の燃料への活用やトラックなどを含めた燃料電池車の普及を進める

ことで2030年には300万トン、2050年には今の10倍にあたる2000万トンにまで引き上

げる方向で進めていくそうです。

 

このほか洋上風力発電を2040年までに3000万から4500万キロワットに拡大することや

2030年代半ばに新車からガソリン車をなくすなどの検討が進められています。

 

政府は、今月末に実行計画として取りまとめる予定で、週明け21日に開かれる「グリ

ーンイノベーション戦略推進会議」などで詰めの議論を進める方針だそうです。

 

水素は未来のエネルギーとされていましたが、着々と現実化に向けていますね。

関係者の方々の日々の企業努力に感謝の気持ちでいっぱいです。(*^-^*)

 

海洋プラとボールペン

2020.12.17更新
こんにちは!

新入社員の瀬戸口です。

 

今回は海洋プラスチックについてお話しさせて頂きます。

 

海洋プラスチックゴミは今、世界で注目され問題視されている問題です。

 

海をするだけでなく海に住む生き物たちにも影響を与えてしまいます。

 

このまま続けば海洋資源を得ることが出来なくなるとまで言われています。

 

そんな海洋プラスチックゴミを使ったリサイクル商品を知っていますでしょうか。

 

パイロットコーポレーションが発表したスーパーグリップGオーシャンプラスチックというボールペンです!

 

このボールペンはボディの一部に海洋プラスチックゴミからリサイクルした再生樹脂を使用しているとのことです。

 

消耗部分を除いた全プラスチック重量中74%に再生材を使用しているとのことです。

 

ゴミ問題は新しいものができるたびに発生すると私は思います。

 

その問題を一人一人が意識を持つことで少しでもよい環境を作れると思います。

温室効果ガス、昨年は過去最大、今年は??

2020.12.14更新
こんにちは!エンバイロの服部です(^O^)/

 

今回は温室効果ガスについてです!

 

先日UNEP(国連環境計画)は2019年の世界の温室効果ガスの排出量を公表しました。

 

その量なんと、、、二酸化炭素換算で591億トン!!

 

過去最大の排出量だったそうです(°o°:)!

 

温室効果ガスの排出量は2010年から年平均1.4%増えていましたが、昨年は森林火災の多発などが原因で2.6%増になったそうです。

 

今年はコロナ禍で旅行や経済活動が減ったため、排出量は7%程減ると予想されています。

 

これは一時的なことに過ぎないので、継続して減らしていかなければなりません。

 

各国で様々な対策がなされていますが、個人個人で取り組める小さな事からやっていきましょう!!

サービス一覧

タムラエンバイロの特徴

会社案内

  • 会社概要
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • 最新情報
  • 廃棄物<br />関連ニュース
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
産業廃棄物用語集