EUソーティングセンター

こんにちは!

新入社員の瀬戸口です。

 

EUのソーティングセンターをみなさんはご存知でしょうか?

日本で言う、選別施設にあたるもです。

ソーティングセンターでは様々な家庭ゴミが入ってきてそれをステール、アルミ、

PET、HDPE、LDPE、PPなどと分けられます。

 

入ってくる時は逆有償で出ていくときには殆どが有価になって出ていくそうです!!

ソーティングの効果が1番現れるのかまだプラスチックのリサイクルです。

 

プラスチックは人の目で区別ができないレベルまで分けて初めて一般的な市場で取引

できるからです。

 

それを可能にするのが光学選別機です。

様々なハイテクセンサーで素材、色選別などを行うことができるのです。スイスでは

プラスチックのリサイクル率がほぼ100%だそうです。

 

日本のプラスチックのリサイクル率は86%と一見かなり高いようですがその中の58%

がサーマルリサイクル(燃やした際に得られる熱エネルギーを回収するリサイクル)

なのです。

欧米ではサーマルリサイクルはリサイクルに含まれていません!

 

我々も少しでもリサイクル率が上がるように日々精進致します。

コメントは受け付けていません。