温室効果ガス、昨年は過去最大、今年は??

こんにちは!エンバイロの服部です(^O^)/

 

今回は温室効果ガスについてです!

 

先日UNEP(国連環境計画)は2019年の世界の温室効果ガスの排出量を公表しました。

 

その量なんと、、、二酸化炭素換算で591億トン!!

 

過去最大の排出量だったそうです(°o°:)!

 

温室効果ガスの排出量は2010年から年平均1.4%増えていましたが、昨年は森林火災の多発などが原因で2.6%増になったそうです。

 

今年はコロナ禍で旅行や経済活動が減ったため、排出量は7%程減ると予想されています。

 

これは一時的なことに過ぎないので、継続して減らしていかなければなりません。

 

各国で様々な対策がなされていますが、個人個人で取り組める小さな事からやっていきましょう!!

コメントは受け付けていません。