次世代のエネルギー開発と環境問題に関して

みなさんこんにちは!エンバイロの服部です。

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

先週15日(土)に山口県で梅雨入りが発表されました。

 

平年よりも20日、去年と比べると27日早い梅雨入りになるそうです。

 

話しは少し変わりますが、雨の日が続くと必然的に

 

太陽光発電の発電量が落ちてしまいます。

 

『太陽光』発電と呼ばれるので陽の光がカギになりますが

 

雨でも発電ができる太陽光パネルが作られたり

 

雨粒をエネルギーに変えたり

 

雨や曇りなど天候の影響を受けない宇宙で太陽光発電をしようという

 

とてもスケールの大きな研究など

 

エネルギー開発について世界中で様々な研究開発がなされているそうです。

 

我々も産業廃棄物の処理を行っておりますので

 

環境問題に関しては常に情報を仕入れながら環境活動に取り組んでおります。

 

弊社では廃棄物をただ処理するだけでなく

 

リサイクル率の向上や、そもそもの発生量を抑制したりと

 

様々な観点から廃棄物処理に関して提案を行っております。

 

もちろん、今回話題に取り上げました太陽光パネルの処理も

 

弊社で対応させていただいております!

 

その他廃棄物に関して何かお困りごとやご相談ごとがありましたら

 

お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ!

コメントは受け付けていません。