【リチウム電池の危険性について】

こんにちは!エンバイロの服部です。

 

今回はリチウム電池についてお話させて頂きます。

 

現在、弊社の回収させていただいている産廃ボックスやトン袋の中に

 

リチウム電池等が混入している機会が増えてきております。

 

誤ってリチウム電池が破砕機に投入されますと

 

電極が短絡することによって発火し同時に爆発を引き起こす恐れが生じます。

 

全国的にみて処理施設における火災事故の発生件数が年々増加傾向にあります。

 

それを受け弊社も先日、破砕機に炎探知機を取り付けました。

 

破砕品を投入する前に、作業員による展開検査を行い

 

混入には十分気を付けておりますが

 

各排出事業者様に置かれましてもリチウム電池等の混入が無いよう

 

ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。