廃棄物関連ニュース
  1. HOME > 
  2. 会社案内 > 
  3. 廃棄物関連ニュース

廃棄物関連ニュース

災害と猛暑!そして、事前協議

2020.07.31更新
こんにちは!

西村です!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

タイトル通り、今月世間では、

九州地区の豪雨や

最上川の氾濫など・・・

自然災害が多く発生した7月でした。

こうしたときに問題になるのは、

災害によって発生した多量の廃棄物・・・

一般廃棄物や産業廃棄物も、濁流と混ざってしまい

見分けもつかない状態がほとんどです。

多くの場合、学校のグランド等に一時仮置きをしますが、

その自治区だけでは、作業員・車両だけでなく

処分先も足りないことも稀ではありません。

弊社でもこうした有事の際は、県外からのお問合せが頂くこともあります。

その際に、大事になってくる廃棄物の法律があります。

【事前協議制度】です。

事前協議とは、

都道府県を超えて産業廃棄物を搬入する際に、事前に自治体と協議を行うことや届出などのことを言います。

各県知事同士に申請を出さねばならず、そういった申請業務が必要となります。

※弊社では、そういったお客様へ申請業務のサポートをさせて頂いております!

そして、全国一律ではなく、各自治体によって様々な制度があります!

通常であれば、

県外産廃の搬入の理由や、処理方法を自治体と協議し、

認めらる流れが、ごく一般的であります。

 

山口県では、10t以上などの一定量以上の場合に必要とされ、

10t以下の排出であれば、各自治体への報告のみで対応ができます!

 

山口県内の事業者の方には、当たり前のように感じますが、

実は、他県では珍しい条件なのです!

 

こうしたルールを守らなければ、重い行政指導を受けてしまうことになります><

そうならないように、そして、そうさせないように

我々も法令に沿って正しく処理スキームをご提案させて頂きます!

新型コロナと廃棄物!

2020.06.30更新
こんにちは!

西村です!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

コロナ対策と暑熱対策、台風などの災害対策に

いつになく、忙しいですね(><)

 

本日は、新型コロナウィルスと廃棄物について調べてみました!

 

日本全国の傾向としては、

 

事業系廃棄物は、減少。

家庭ごみは、増加。

 

といった傾向にあるようです。

 

ウィルス感染拡大を受けた休業要請の影響により

に、飲食店や商業施設、宿泊施設から発生する事業系廃棄物は、減少。

※都市部では、通常月の半分以下の発生量であった報告も・・・(驚き)

 

一方、テレワーク等の在宅勤務の増加により家庭ごみの量は増加傾向にあります。

 

人口の多い都市部では、廃棄物の収集車が、回収量に間に合わず

集積場所からあふれる状況もあることが現状です。

 

家庭から排出される家庭系一般廃棄物の量は増え、かつ、マスクや感染の恐れのある廃棄物も含まれている可能性から

 

廃棄物回収会社も感染防止対策に、ひと工夫されている状況です。

 

感染との隣り合わせの業界は、

 

医療業界、飲食・商業、廃棄物業界・・・数多くあるかと思いますが、

 

やはり、廃棄物は

 

産業廃棄物、一般廃棄物に限らず

 

企業のみならず、我々一個人も排出者として

 

「分別」「梱包」「洗浄」等、一工夫必要なのだと思います。

 

日本だけでなく、世界中に拡散している新型コロナウィルス・・・

 

騒いでいるのは、人間だけかもしれませんが、

 

美しい地球を守っていく為にも

 

一人一人の意識で拡散防止していきたいですね(^^)

【コロナ感染症対策】家庭系一般廃棄物

2020.05.13更新
こんにちは!皆様いかがおすごしでしょうか?

 

新型コロナウィルスの話題がまだまだ続いております・・・

 

緊急事態宣言に伴う、外出規制・自粛により

 

ご家庭の一般廃棄物も増えていないでしょうか?

 

特に、感染防止の為に使用される

 

マスク について

 

各自治体や市町村、県からも注意喚起があるようです。

 

【マスクの捨て方】

① マスク等に触れることのないよう小袋に梱包しましょう



② 市指定収集袋(燃やせるゴミ)に入れて袋の口をしっかりとしばって封をしましょう。

③ 捨てた後、石鹸やハンドソープを使用し、手をよく洗いましょう。



山口市環境部 資源循環推進課より

https://www.city.yamaguchi.lg.jp/soshiki/50/82039.html

※宿泊療養関係者・医療関係者様は上記HPよりご確認ください!

 

国内では、徐々に感染者の方々も減少している傾向にありますが、

油断できない状況が、続いております。

弊社としても一人一人が、

周りの為に、少し配慮することでコロナ終息に向け

快適に生活できる社会に貢献したいと思います。

アスベスト規制強化 大気汚染防止法改正案 閣議決定

2020.04.08更新
建物の解体工事でアスベストが飛散するのを防ぐため

 

一定規模以上の建物は事前にすべて調査し

 

都道府県に報告することなどを義務づける

 

大気汚染防止法の改正案が閣議で決定された。

 

アスベストを使用した断熱材や吹きつけのアスベストは

 

建物を解体する際に飛び散る危険性が高いことから

 

法律に定められた基準に従って作業することなどが義務づけられているが

 

飛び散る危険性が比較的低いとされる壁や天井の板などの

 

建材については規制の対象ではなかった。

 

しかし事前の調査が不適切で、アスベストを含んだ建材を見落としたり

 

飛散防止措置が不十分だったりする事例があることから

 

環境省は規制を強化するため大気汚染防止法の改正案をまとめ

 

3月10日、閣議で決定された。

 

改正案ではアスベストを使用したすべての建材を規制の対象にしたうえで

 

一定の規模以上の建物はアスベストの有無にかかわらず事前に調査し

 

結果を都道府県に報告することなどを義務づけている。

 

この改正案は今の国会に提出され、事前調査の報告が義務づけられる

 

建物の規模などについては、公布から1年以内に

 

環境省が省令を改正して定めるとのこと。

( NHKニュース 参照 )

廃棄物は適正に処理されていますか?

2020.03.19更新
環境省では毎年、産業廃棄物の不法投棄・不適正処理の状況と



年度末時点の不法投棄事案の残存量等を



全国の都道府県・政令市の協力を得て調査、公表している。



2018年度の調査の結果を2019年12月24日に環境省が発表し



2018年度に新たに判明した産業廃棄物の不法投棄量は



前年度から12.1万トン増加し、15.7万トンとなった。



不法投棄件数は前年度比8件減の155件となった。



また不適正処理事案に関しては、不適正処理件数 が148件で



不適正処理量が5.2万トンとなった。



2000年頃をピークに年々件数や数量は減ってきているものの



まだまだ問題が残っているのが現状です。



タムラエンバイロではコンプライアンスを遵守し、廃棄物を適正に処理致します。



もし廃棄物の処理でお悩みのある方は、是非一度ご連絡下さい!



弊社のネットワークを生かした適正な処理方法をご提案致します!


(環境ビジネスオンライン 参照)

サービス一覧

タムラエンバイロの特徴

会社案内

  • 会社概要
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • 最新情報
  • 廃棄物<br />関連ニュース
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
産業廃棄物用語集